top of page
検索
  • 執筆者の写真大阪大学応援団

3/31 準硬式野球応援対関西大学戦 感想

更新日:4月14日

7-6 勝ち


今日は準硬式野球春季リーグ対関西大学戦の応援に行かせていただきました。2回表、3回表にそれぞれ一点ずつ取られましたが、3回裏で4点を返し阪大が逆転。その後も阪大がリードし続けましたが9回表で関大に追いつかれました。最後は9回裏で阪大がサヨナラ勝ちを勝ち取りました。両者一歩も譲らない試合展開の中で最後まで一生懸命戦い続け、勝利を掴んだ選手の皆さまの姿に、本当に大きな感動をいただきました。


試合中に特に心に残っているのは、関大側が満塁のピンチの場面で、皆で声を掛け合って切り抜けていかれる姿です。ピンチの局面でマウンドもベンチも一体となって戦われている姿は本当に本当に格好良かったです。バッターやピッチャーは1人でマウンドに立っているわけではなく、どんなときでもすぐそばに仲間の存在があるのだと改めて感じました。そして私自身も、応援団員として選手の方々にいつでも寄り添う応援ができるようにもっともっと努力をしなければならないと思いました。


今日の試合を通して、準硬式野球部さんが戦い抜かれる姿に心を大きく揺さぶられました。人が一生懸命頑張る姿にはこんなにも人の心を動かす力があるのだと改めて実感しました。最後の最後まで勝利に向けて点数を重ねられる姿に涙が止まりませんでした。そして、応援団の応援で選手の皆様の心を少しでも動かせるように、より一層一生懸命に練習に取り組み試合に臨みたいと思いました。


準硬式野球部の皆さま、本日はお疲れ様でした。そして、春リーグ初勝利、本当におめでとうございます。私たちもとても嬉しく、最高の気持ちになりました。来週以降の試合も全力で応援させていただきます。本当に本当におめでとうございます。勝つぞ阪大!


準幹部 國府優花



閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page